Twitter APIの開発者登録の追いメール

Twitter APIの開発者登録のやり取りが面倒になったというのが去年くらいの開発者界隈の出来事でした。

qiita.com

最近新たに開発したいモノが出てきたので、登録手続きをしてみました。
相変わらず英語が難しく、それでも何とかコンプリートしてあとは結果待ちとなったのですが、上記のリンクにある「Twitter 社から Twitter API の使用用途についての確認メール」が来てしまい、サスペンド状態になりました。
待っていればそのうち通るかと思ったのですが、いろいろ検索すると半年待ちとか恐ろしい情報まで出てくる始末。
これは何とか対応しなければと取り掛かったものの、このメール、どこかのアドレスにアクセスしてフォームを埋めるとかではなく、質問を呼んで答えをメールに返信するというネイティブ向けみたいなアナログな方法。
普通に読んでもいまいち質問の意図がわからず、Gmailの翻訳を使ってもイマイチ内容が見て取れず、日英翻訳があまり進歩してないことにガッカリしながらも、ガイドになるページを見つけ助かる。

apurixy.moo.jp

とは言うものの、このページを読んでもTwitter社が何をしたいのかイマイチわからず、ところどころで「I do not understand the meaning of the question well, but I think that it is fine as it is」とサンドウィッチマンのような返答をする。

で、Qの下にAを書くようなテキストでプレーンなメールを送ったら1時間後に「審査通ったゾイ」って返事がすぐに来た。

本当に審査が通ったのかロボット避けなのか分からんが、とにかく上手く行ったという話でした。