Google Apps Scriptからtwitter投稿するちょっとした面倒くささ その3

一応目的は達成できたのだが、認証画面の無いOauthをちょっと追ってみる。
やりたいのはこれ
Single user OAuth with examples — Twitter Developers

件のOauthのライブラリの中に .setAccessToken()という関数がある

/**
 * Sets the access token and token secret to use (optional). For use with APIs
 * that support a 1-legged flow where no user interaction is required.
 * @param {string} token The access token.
 * @param {string} secret The token secret.
 * @return {Service_} This service, for chaining.
 */
Service_.prototype.setAccessToken = function(token, secret) {
  this.saveToken_({
    public: token,
    secret: secret,
    type: 'access'
  });
  return this;
};

本来は認証画面で認証したあとに取得したtokenをセットする関数なのだが、コメント読むと'1-legged'と書いてあり、要するにやり取りが一回のパターン(tokenをもらわないパターン)であろう。

で、これでsetAccessToken(AccessToken, AccessTokenSecret)して動かしたが

Invalid or expired token. (code: 89)

が返ってきてしまう。何かがおかしいのか、そもそも間違っているのか。

Single user OAuthできているpython-twitterの方もソースを追ってみるが、結構入り組んだ構造になっていて面倒になった。

というわけで、心が折れたので誰か何かやってくれないだろうか。ライブラリ書いてるGoogleの中の人とか。