Google Apps Scriptからtwitter投稿するちょっとした面倒くささ

今まではpythontwitter投稿してて、いわゆるBOTみたいなものを作ってたのですが、その時の作法としてはtwitterの開発者ページから
ConsumerKey = "”
ConsumerSecret = ""
AccessToken = ""
AccessTokenSecret = ""
を取得して、それをソースに書き込めばOKという感じでした。

ところが今回、GASから同じことをやろうといろいろ調べてそのとおりにやってみると、と認証画面(許可しますか?みたいなアレ)が出ました。

このページのように同じグーグル謹製のライブラリを使っているようです
qiita.com

pythonでやっていた時には出なかったのに何故?」と調べてみると、どうやらAccessTokenらを開発者ページから取得する手法は"Single-user OAuth"と言うらしく、twitter以外ではあまり見ない手法のようです

Single user OAuth with examples — Twitter Developers

なんかOauthの仕組みの中にあるような無いような感じなのですが、Oauthが色々ありすぎるのとOauthがなんか複雑(上記リンクの中でも"By using a single access token, it is not necessary to implement the entire OAuth token acquisition dance."と表現されてるくらい)なので、ぼんやりした理解になりました。

pythonでやってたことをGASでもできないだろうかと、python-twitterのソースや上記のライブラリを見てたのですが、python-twitterの方はOath側のソースも相当追わなければならない感じだし、GASの方はその構造がない感じなので面倒になりました。
GitHub - bear/python-twitter: A Python wrapper around the Twitter API.

そもそも論で言えば、上記のTwitterのSingle-user OAuthのページ
に呼び出し側のサンプルコードはあるのに、どういう認証なのかさっぱりわかりません。

というわけで、GASで認証画面でピコピコやることにしました。

私はOauthが苦手です。できれば関わり合わずに生きていきたいです。