160円で買えるArduino互換のDigisparkを買ってみる

ebayで買って160円くらい、さすがに3週間位かかる。amazonで買ってもそれくらいなのでamazonのほうがいいかも。これはUSB直挿し型でamazonだと220円。

無事届いて、こんな感じ。

この辺をみながら色々遊ぶ。


arduino IDEのインストールあたりの説明はそこかしこにあり楽なので、LEDチカまでは簡単に進んだ。

で、実際使ってみると、

  • USB-serialまわりは機能しなくて、デバッグのlogが全く機能して無くて困る。この辺のシリアル周りの人はドライバインストールで上手く行ってる人もチラホラいるが、ほとんど上手く行ってない、あるいはトラブルの温床なので諦めたほうがいいかも。
  • 何故か、USB-Keyboardは上手く動いて、HIDまわりはマトモなのだろうか。
  • リセットボタンが無いので、書き換えのたびにケーブルの抜き差しがあるのが意外と面倒。
  • あと、コードサイズ6Kはやっぱり小さい。

本体のサイズ考えなければ、もう一個上の機種、UNO互換を買ってみたい。上記の気に入らない点も解消されそうだし、プラス100円なら許容範囲だな。ほぼ2倍って考え方もあるが。


にしても今回調べてみて感じたのは、組み込みでも開発はみんなMac使ってるんだなぁ。Windowsの方のシリアルドライバ調べるほうが大変だったよ。