eスポーツの協会が色々あるのを調べて考える

www.itmedia.co.jp

こんな記事を読み、そういえばeスポーツの団体ってボクシングみたいに色々あった気がして、今回改めて調べてみると色々と面白いことがわかったのでまとめてみると、思わぬ分量になってしまった。まとめサイトとかでやる仕事だった。

 

まず協会は大きくわけて3つある

これら3つを個別に見ていく

 

一般社団法人 日本eスポーツ協会

jespa.org

協会概要 | JeSPA(一般社団法人 日本eスポーツ協会)

役員名簿

会長
西村 康稔(衆議院議員
理事
中村 伊知哉(慶應義塾大学 教授)
理事
馬場 章(元東京大学大学院 教授)
理事
浜村 弘一(カドカワ 株式会社 取締役)
理事
平方 彰(スポーツビジネス・コンサルタント
理事
丸山 茂雄(株式会社 トゥー・フォー・セブン 取締役)
理事
宮澤 栄一(株式会社 ハーツユナイテッドグループ 代表取締役
理事
[新任]尾崎 健介(株式会社 サードウェーブ 代表取締役社長)

 

賛助会員企業

イオンエンターテイメント株式会社
Wikia Japan株式会社
株式会社 エヌ・ティ・ティ・データ
株式会社 カジ・コーポレーション
カドカワ 株式会社
株式会社 テー・オー・ダブリュー
株式会社 電通
東京メトロポリタンテレビジョン 株式会社
株式会社 ハーツユナイテッドグループ
株式会社 博報堂
ぴあ 株式会社
株式会社 フロンティアインターナショナル
株式会社 文化工房
北海道ハイテクノロジー専門学校

最も大きな団体。電通博報堂が協賛しているのが大きい。

 

e-sports促進機構

代表理事 高橋 利幸
理事 浜村 弘一
平  信一
松永 眞理
筧 誠一郎
監事 宗像 紀夫

 

 

fpsjp.net

カドカワははこれにも関わっているしようなので別組織のような下部組織のような感じなのだろう。eスポーツ当事者が語る分裂理由に再三出てくる「目的が別の組織」そのものなのかもしれない。

にしても松永真理って久々に名前聞いたな。調べてみるとまだ昔の名前で業界ゴロで食えてる雰囲気がして何よりです。

 

 日本プロeスポーツ連盟(Japan Pro eSports Federation / JPeF)

日本プロeスポーツ連盟 JPeF

発起人

理事(共同代表)

eスポーツオーガナイザー

  • 鈴木 文雄(株式会社SANKO 代表取締役
  • 松本 順一(ジャパンコンペティティブゲーミング代表)

eスポーツチームオーナー

  • 梅崎 伸幸(株式会社Sun-Gence 代表取締役社長 / DetonatioN Gaming CEO)

監事

 

さて、これが混乱の大本というか、謎の多い組織。組織的にはネームバリュー、資金力ともに弱いが、プレゼンスがあるのは何故か。

 

www.gamespark.jp

組織はSANKOの鈴木文雄代表取締役、Sun-Greenの梅崎伸幸代表取締役マイルストーンJGCの松本順一代表が発起人かつ共同代表理事となり、 ニチカレの小林泰平代表取締役が事務局長に。そしてロジクールの古澤明仁氏が監事を務めます。また、東京アニメ・声優専門学校NVIDIA Japan、テクノブラッドライフカードなども賛同企業として集まり、国会議員のバックアップもあるため、普通の団体ではないことが一目瞭然です。

 

発表会には議員連盟から、公明党の漆原良夫議員と、民進党の松原修平議員が応援に駆けつけました。「若者のこの情熱は政治も受け止めなければならない。この業界が健全に発展するためにもしっかりと応援したい」と漆原議員。 

 

ascii.jp

このビザや景表法といった問題については、行政との連携が不可欠だ。発表会には、今回のビザ取得にも貢献したという、50人以上の議員による超党派の議員 連盟、“オンラインゲーム議員連盟”の代表代行 公明党漆原良夫衆議院議員と、民主党(3月27日より民進党)の松原仁衆議院議員が参列した(会長は自由民主党 河村建夫衆議院議員)。

 

質疑応答の中では、すでにeスポーツ関連の業界団体として発足している、一般社団法人 e-sports促進機構と、一般社団法人 日本eスポーツ協会(JeSPA)との違いについて語られた。 新たに違う団体として発足した理由について、古澤氏によると「お互いスタートの時点でやり たいことが違った」のだという。そのやりたいこととは、e-sports促進機構は「賞金問題の解決」、JeSPAは「JOC加入」だ。とし、「競合する わけではないし、遠回りしていずれいっしょに活動することもあるだろう」と付け加えた。

ビザの取得から見えてくる、政治家との大きな関わりこそがこの組織最大の強みなのだろうか。とはいえ、この「オンラインゲーム議員連盟」とやらの実態がいくら調べても見えてこない。断片的な参加議員はいるのだが、議事録も何もなし。

 

以下、各団体に付いて書かれた記事まとめ

この記事は話題になった、JeSPA主催大会の運営の酷さを糾弾したもの

第1回

note.mu

第2回

note.mu

政治がらみの話も出て来るが、ここで糾弾されているのがJeSPA会長の西村康稔衆議院議員

www.yasutoshi.jpオフィシャルサイトの役職欄には件の「オンラインゲーム議員連盟」は存在しない。どうやら50人を超える超党派議員連盟に参加していないようである。

もちろん「オンラインゲーム議員連盟」というものが存在すればの話だが。

このあたりのことからどうやら政治も一本化されてないんじゃないかと思えてくる。

 

JeSPA設立時の記事、ここで注目すべきは理事に日本のスポーツビジネスを取り仕切る電通スポーツ局の人間がいるところ

理事: 平方 彰(株式会社 電通 スポーツ局 次長)

www.negitaku.org

しかし、現在の理事には名前がない。電通が関わりを薄くしたのか、電通嫌いのネットの感情に配慮したのか。

 

2年前のJeSPAへのインタビュー記事だが、苦労は伺える

「一般社団法人 日本eスポーツ協会(JeSPA)」への質問と回答 | Negitaku.org esports

 

以上、断片的で雑多な羅列になってしまったが、この分裂問題の内部には政治問題(あるいは政治家問題)があって、そこを解決すれば全て上手くいくような気がしてなりません。

今後の流れとしては、どう考えても広告代理店を押さえたJeSPAに一本化されていくのは避けられないでしょう。最初の記事にあるようにスポーツのオフィシャルな大会に食い込むのは2022年からなので東京五輪利権には誰もあやかれないようですが。

 

にしてもオンラインゲーム議員連盟が気になって仕方ない。