スマホのイヤホン端子に刺すアレを今更ながら買ってみたが

突如として何となくスマホの水没とかが気になって、イヤホンジャックに刺すフタみたいなのを見てたら、そう言えばちょっと前にイヤホンジャックにハードウェアキーを追加する機能みたいなのあったなと思い出す。

こういうの

実際はAmazonで買わずにebayで買った。ebayで買ったのも、2個100円位の投げ売りしてたからだったりす衝動買いだったりするわけで前後関係はかなりこじれる。

衝動買いというのも、上記のAmazonのレビュー見ても賛否両論だったりするのを読んだからであり、この賛否両論は後から身をもって体験することになる。

ebayからは30日位かかって届く。ebayにしてはまぁ遅いほうだとは思う。ちょっと不安だったけど100円だしね。

 

さてここからが実際に使えるようになるまでの苦闘。

使用機種はHTC J One(HTL22)、古い、OSは4.4だし

まずアプリをgoogle playからインストールしなければならないので、とりあえず一番人気のを入れてみる。

play.google.com

入れたはいいが、どうやらクリックイベントをOS側(?)が受け取っているらしく、ヘッドセットのクリックイベント(再生停止早送りなど)に回されてしまっているようだ。この装置を刺した時に「これはイヤホンですか?」みたいな質問をされるのだが、それに「違います、ボタンです」とキチンと答えてもイヤホンだと認識されてしまっているようだ。

アプリ内部的にはクリックイベントの発生をOSからフックして横取りしてOS側(OSと言うかイベント処理レイヤー?)には渡さないようにしたいのだろうが、それが上手く行ってない感じ。

このアプリはダメだということで、次に人気の

play.google.com

を入れてみるも同じ不具合。シングルクリックで音楽アプリが再生されてしまう。

Amazonのレビューの不満の通りにそういうものなのかと諦めていたが

play.google.com

これを入れたら希望通りの動作をした。

こういう中華系アプリってみんなが同じようなソースで同じように作っているのかと思ってたが、はて、これは相性とかテストとかの問題なのだろうか。

さらなるテストでわかったのだが、ヘッドセットの再生や停止を感知するような音楽系アプリが前面に来ている場合、クリックイベントが音楽アプリに渡ってしまい、再生停止の動作をしてしまうようだ。この辺もフックが上手く行ったり行かなかったりなんだろうな。

 

まぁ総括としては、買わないほうがいいと思います。クリック時の動作もダブルクリックですら上手く拾わない不安定さも有りますし。しかしながら、イヤホンジャックのフタとしては有能だと思います。