YoutubeのAPI v3に対応させる

前回の対応
よく調べると、引っ張る情報の種類(主にread系)によってはoauth処理が必要なく、video情報はそれに該当するので簡単な処理で済む。
概要はこのへん
YouTube Data API Overview  |  YouTube Data API  |  Google Developers

というわけで、cloud console -> 公開 API へのアクセス -> 新しいキーの作成 ->ブラウザキーの作成とやってリファラー決めてやればOK。
今回はパソコン用のクライアントアプリなのでブラウザキー指定、リファラーはクライアントアプリなので自由に設定できるので適当なURLで。

https://www.googleapis.com/youtube/v3/videos?id=ビデオのID&key=YOUR_API_KEY&part=snippet

今回の場合、videoのタイトルだけ欲しかったのでsnippetだけで十分。
で、jsonデータが返ってくると。
いちおう、有限のAPIを消費するらしいが、個人的に使っているだけなので大丈夫だろう。

とりあえずこれで満足さんだが、やっぱりここらでoauthになれたほうがいいかも。