日曜深夜のラジオ試験放送

深夜のFMラジオ好きにはお馴染みなのが試験放送。日曜の深夜はテストなのか何なのか、ただ音楽を流すのが深夜1時から5時まで、だいたい。
これ、非常に幸せな時間なのだが、惜しむらくは試験放送なので曲紹介もなく、ラジオ局のサイトでのNow on air や Now playingも無い。これはなかなか困った事態で、気に入った曲があっても曲名も歌手も知ることはでき無い。
これの解決策に最近気づいた。
shazamというスマホアプリを使うのだ。
Shazam - 音楽認識 - Google Play の Android アプリ
ちなみにiPhone用もある。
アプリの説明によると

Shazamは音楽やテレビを特定するのに最適な方法です。数秒で曲の名前や、見ている番組の情報を知ることができます。Shazamをタッチして使い始めましょう。

要はアプリを起動して、スマホに音楽を聞かせれば、その曲を教えてくれるというわけだ。
おそらくは、膨大な楽曲をハッシュ化だかウェーブレット変換してデータベース化しておいてそれとマッチングしてるのだろう。
ちなみに、マイナーな曲、古い曲、マイナーで古い曲、つまりデータベース化する価値無し、あるいはデータベース化が追いつかない曲はヒットしない。

試験放送は誰が選曲してるのか知らないが、選曲している人の趣味が出て、ある種のパターンが見えてくる。一時期、J-waveではFreeTempoばっかりかかってた。まぁ深夜向きだが。
で、渋い曲をバンバンかけてくる選曲家だと件のShazamでもヒットしない残念な事態に。
J-waveも昔は洋楽ばっかりだったが、昼間というか本放送の日本率に沿うように日本の楽曲も増えてきた。

局が情報出してくれれば一番いいんだけど、CMも流れない時間にそこまでやる義理もないとも言えるが、最近は深夜帯はCMなしでほぼ有線放送状態になってくれる。J-waveは3時から5時までテーマ別の垂れ流しだし、TFMも4時から6時までクラシック流してる。

そんなこんなで試験放送の楽しみ方の一つでした。

ちなみに現在J-wave吉田美奈子から山下達郎へつないだ。山下達郎「Dancer」ってて曲、知らなかった。1977年に発表のセカンド・アルバムか、声が違う。そして続いて「windy lady」。なんかアレンジが違うと思ったら、Circus townのnewyork side収録のバージョンらしい。文明の利器、すごい。