それでも自殺者は減っているらしい黄昏2015

http://mainichi.jp/select/news/20150115k0000e040214000c.html

 警察庁内閣府は15日、2014年の自殺者数(速報値)は前年より1909人(7%)少ない2万5374人だったと発表した。減少は5年連続で、3年連続で3万人を下回った。東日本大震災に関連する自殺と判断されたケースは11月までの統計で21人で、そのうち14人が福島県で発見された。【長谷川豊】

 年間自殺者のうち男性は1万7354人(前年比1433人減)、女性は8020人(同476人減)。月別の最多は3月で2314人。最少は12月で1795人だった。9〜11月だけが前年に比べて増加していた。

 発生地を都道府県別で比較すると、最多は東京の2647人で、神奈川1422人▽愛知1392人▽埼玉1367人▽大阪1364人−−が続いた。最も少なかったのは鳥取の114人で、福井143人−−の順。前年からの増加率では、長野9.3%(480人)▽宮城7%(519人)が高かった。人口10万人当たりの自殺者数を示す「自殺率」の全国平均は19.9人で、山梨(30.2人)だけが30人を超した。

 内閣府自殺対策推進室が11月までの自殺者2万3579人について調べたところ、年代別では60代が最も多く4018人だった。

 遺書などから震災関連と判断された自殺者21人の内訳は、福島14人▽宮城4人▽岩手3人。1年間で38人だった13年は下回るとみられるが、内閣府の担当者は「3月に確定する数値をみて分析したい」としている。

はて、このデータをどう取るか。
他人がどれくらい死のうが関係ない、自分が死ねるかどうかが問題なんだよ。
早くこの統計データに+1できるよう、2015年こそは邁進していきたいと思います。

しかしこのグラフ、カーブの描き方が極端だ。自殺判定に何らかの恣意的選択が入ったのかと勘ぐってしまう。