コーディングスキル低すぎワラタ

ITプログラマ・エンジニア向け転職・就活・学習サービスのpaizaとかいうサイトで、就職用なのかコーディングスキルのテストが出来るのですが、それやってみたら自分の能力の低さに驚く。

ていうか、これなぜ失格なのかわからないのがヤキモキする。まぁ、テストなんて落とすためのものだし、そもそもエラー発生ケースを想定してない時点で無能ということなんですが、それでも何か虚しさを感じる。

無能と認定された上になんか虚しいとか、どんな責め苦だよ、と思ったが、今の生活自体がそれと同じなのでなるほどなと思った。

こうやって門前払いシステムが有るっていうのが、社会のコスト削減に役に立っているんだろうな。