振り返ると何もない人生だった

最近、よく自分の人生を振り返る
思えば何もない人生だった
友人も恋人もなく、人間関係も生き甲斐も喜びもない人生だった
だから生きること、生活することに何の執着も無かったのだろう
二十歳頃には、いつでも死ねる気持ちの準備は出来ていたし、この先、生きていくことで何の良いことも無いだろうということ
その予測は当たった
当たらなかった予測は、まだ死んでないということ
そして、死ぬにはさらなる覚悟と勢いとタイミングが必要だということ
今、死ねば、ちょうど人生の折り返しで死を覚悟したということになって、なかなかいいシンメトリーになる

今になって思うと、まだまだ覚悟が足りなかった
普通の仕事も普通の生活もどんなものか分からないし、どんなものか分かったところでそれをしたいかどうかも分からないし、考えるだけで吐きそうになる
それを自分がしたいかしたくないか以前に、出来ないことに吐きそうになる
考えるだけで吐きそうになる
もう吐きそうになるのは嫌だ、考えたくもない、終わりにしたい