自殺党というのを考えた

よく「選挙は創価学会国勢調査」と言われるが、「自殺党」を結成して、その投票数を数えれば日本の自殺志願者の数を計測できる。
おまけに、その党の公約に安楽死を掲げていれば、日本に自殺志願者向けの安楽死施設ができるかもしれない。
いいことづくめだ。

ちなみに、調査によると自殺者の裏にはその10倍の自殺未遂者がいるとのこと。
で、仮にその10倍が潜在的自殺志願者とすると300万票が入ることになるので、比例代表での獲得議席数は3くらいという、割りとリアルな数字になる。