人生に失敗したのではなく、その程度の人生だったことに気づく

今までの人生を振り返って、どこに分岐点があったか考えていると、大した分岐点が無かったことに気づく。
「そこで上手くやっていたら」という仮定は、上手く出来る人にとっての仮定であり、ダメな奴は何をやっても上手くいかない。一生懸命やっても上手くいかない。
つまりこの程度の人生が、この程度の結果になるべくしてなっただけだということに、ようやく気づいた。
そして、この先、生きていたとしても、いいことなんてなにもない人生があと何年か続くだけだ。
だったら早めに手を打ったほうがいいのだが、なかなか実現できない。
死ねないのも無能だからなのか。