日々是、ドアノブ首吊りの練習

忍者がなんか育つのが早い植物を飛び越えるように、ドアノブ首吊りの練習を続ける。少しずつ長い時間締めていれば、そのうち閾値を越えるであろう。

しかしながら、血流が無くなる前に息が苦しくなる。手法に問題があるのか、はたまた、まだまだ慣れが足りないのか。