有線でふと聞いた面白い曲も分かる時代

安楽亭でダラダラと食後のココア*1を飲んでたら、有線からちょっと面白い曲が流れてきた。恐ろしく詞が強い。橘いずみCoccoを聞いた時以来の衝撃。

はて、何て曲だろう?と思ったが、最近は有線の曲もFMラジオのNow Playng的に調べれることを思い出し、スマホを取り出す。しかし、今の放送のチャンネルが分からん。「いまどきの曲」がある程度分かってる人なら、前後関係を探りながらチャンネル特定できるのだが、今どきの曲がさっぱり分からない。
こういう時は、とりあえず流れた時間だけは覚えておく、ラジオの手法をとる。
と困ってる所に、聞いたことのあるような気がする曲が。最近多いらしい、何かのカバーだ。あーっとゲイっぽい人のアレだほら、と、うろ覚えの知識を辿ったら(もう曲名は忘れた)、ようやくチャンネルが特定できた。で、そこから辿って行って判明したのがこの曲、見田村千晴という人の「悲しくなることばかりだ」という曲らしい。

ショートバージョン(プロモーションバージョン)で残念。
なんか、ちょうどデビュー寸前で、みんな必死で有線リクエストかけまくっていたのに遭遇したんだなぁ、と思う。

で、今回の敢闘賞は、平井堅のカバーをした絢香さんです。偉いぞ絢香。最近の女性が主婦志向が強い中、旦那が働かない分、病気をおしてまで働く嫁の鑑だ。結婚してくれ。

ちゃんと調べたら、先のカバー曲はこれだった

結婚してくれ。
あるいは宇多田ヒカル

*1:安楽亭はドリンクバーにココアがあるので好き