新聞を無理やり取らせる天才的な方法

ちょっと古いネタだが、最初に知った時これ考えた奴、天才だと思った。
よみうり購読サポート

つまり、進学等で親元から離れて一人暮らしを始めた子供に対して、無理やり新聞を取らせるシステムである。その子供が新聞を読もうが読むまいがどうでもいい。とにかく、新聞が売れて、親も子供が新聞くらい読んで世の中のことを学んだように錯覚するシステム。

このシステムはもっと評価されてもいいと思う。これこそが「ビジネスモデル」そのものだと思う。さすが公称1000万部、世界で一番売れてる新聞である。

ちなみに朝日はやってない。朝日の自称クオリティペーパーとしてのDignityがそうさせるのだろうか。上品である。