昔はトラックバックというものがあったのだよ、という話

今では「スパムの温床」として全く利用されていないであろう、トラックバックというシステム。では、最近はどういうものがトレンドになったいるのだろうかと考えてみると、はてなブックマークの時代が来て、twitterのRTの時代が来て、今や(今か?)フェイスブックの「いいね!」の時代になっているようだ。

で今回、twitterにフィーチャーすると、こんなサイトが有るらしい
http://gigazine.net/news/20130301-counting-tweets/
言及されてる、といっても、クリックしてRTするだけの感嘆なものであり、上記の当該ページでも200以上のツィートされてる。

果たしてこの情報の精度に意味があるのだろうか?友人知人にでも紹介してるのだろうか?単にクリックしてるだけであろうか?

まぁ、そういうのを本格的に調べて「データマイニング」だの「ビッグデータ」だの言うのだろう。