BS-TBS SONG TO SOUL #66 「ジャンプ」ヴァン・ヘイレン

BS-TBS「SONG TO SOUL〜永遠の一曲〜」|「ジャンプ」ヴァン・ヘイレン
日本公演の宣伝なのかメンバーが仲良く登場。

エディ・ヴァン・ヘイレンと言えば、「Beat it」との印象の人なので、そのへんの絡みのネタが結構出てきた。
まず、名盤「1984」が1位になれなかったのはその時の1位が、あの「スリラー」だったから。そして、そのスリラー収録のBeat itでギターを引いてるのがエディであると。
で、そのへんのことを色々調べてて初めて知ったのが
エドワード・ヴァン・ヘイレン - Wikipedia

マイケル・ジャクソンの「Beat It」のギター・ソロはアドリブである。演奏しているのは、ソロパートのみ(バッキング、リフはスティーヴ・ルカサー=元TOTO)。

ということ。つまりBeat Itのイントロを聞いてエディを想像してはいけないと。
ちなみにイントロのキーボードはOberheim OB-Xa | Vintage Synth Explorer
これも1984年だけどアナログシンセ。シンセのデジタル化による似たような音楽の大量生産っていつ頃始まるのだろうか。