死の夢ばかり見る

こんな夢を見た

駅前の繁華街、何やら騒ぎに。どうやら飛び降り自殺しようとしている人がいるらしい。気づいた時には、飛び降りていた。割りと近く、10メートル位の距離の場所に落ちる。近くなので、かなり克明に地面にぶつかる過程が見える。足から落ちて、足が折れて(あるいは砕けて)、崩れるように地面に頭を打ち付け、顔の半分くらいが崩れ、眼球が飛び出していた。

何故、こんなに克明に飛び降り自殺をイメージできるのかがわからない。聞いた知識の再構成なのか、物理的な常識なのか。とにかく目の前で死が起こる。

将来の追体験なのか、願望なのか、恐怖による抑制なのか、とにかく自分の睡眠中の脳は何かをしようとしているらしい。

頑張れ、俺の脳。