幸せな人達から受ける心の痛みに対して何かするのは正当防衛なのか

セカイの幸福の総量が一定なら、彼らの幸福は誰かから奪い取ったものだろうか。
もちろん、本人たちにそんな意識はない。無意識の何か、無垢の何かが誰か(例えばワタシ)を傷つけるのは傷害なのだろうか。
ちょうど先進国でまた食べれる食材を捨てるのは罪なのかどうか、という問題に似ている。加害者はどこまで加害者なのか、被害者は何を訴えても許されるのか。

難しい問題ではあるが、ひとつわかるのは、常に弱者は負けるということだ。
ジャイアントキリングは難しい。


ちなみに「社会への復讐」でググる
派遣労働者諸君 自殺するな! 社会に復讐しろ!(反米嫌日戦線) 尾張マン
のページがトップ。加藤事件だね秋葉原の。境遇は似ている。
新聞の編集委員の「無垢さ」も似たような罪なのかもしれない。

何かする前に、病院へ行こう