Linux界隈の問題点としての情報の古さ

久々にsambaの設定をイチからやったら、随分と作法が変わっているらしいことに、usershare周りのエラーがログに残ってて気づく。

特にバージョン2から3への違いが大きい。
この辺まとめ↓、それでも2008年か。
Sambaサーバ構築、5つのべからず:2008年版(1/2)
Sambaサーバ構築、5つのべからず:2008年版(2/2)
netなんてコマンド群あるのね、windowsとかぶってるじゃん。

linux周りの情報は日付を見ながらじゃないと、obsoleteな情報を掴んでしまう。未だにJFなんて検索でヒットしちゃうこともあるし。先人の努力に敬意を払いつつ、やっぱりデスクトップunixって普及しないなと再認識。