新聞で見た「後藤新平と復興院の虚実」のテーマの記事が面白かったのだが、結構話題なのね

要するに、ピンチの時のヒーローを求める大衆の願望と、その実際の乖離の話題なのだが、天木直人も触れてた
amakiblog.com - 
菅首相批判までには深読みしなかったけどさ。

で、これが当該記事。相変わらず、ネットに乗らない記事で面白いものは多い。

先ごろの、不信任案にしてもそうだし、「首相になって欲しい人がいない」論調でもそうだが、あまりに完璧な人間を求め過ぎというか、父性への憧れというか。
つまり、日本人は現人神に導いて欲しがっているのだが、それって思考停止か責任放棄なんだけど、それが日本の「コドモ社会」という現状なのだろう。

足りないものが知恵集めて、みんなで頑張るしか無いと思うんだけどね。