冷静に考えて、Windowsのドライバを全部一気にバックアップできるフリーソフト「Driver Magician Lite」は便利

メーカー製ノートパソコン、特に日本製のノートパソコンはドライバが有料配布なんていうふざけた事態になっているわけで、これが結構ハマる。ドライバの入ってるリカバリディスクも事前に作っておかなくちゃならなかったりして、もう罠としか思えないわけですよ。
ヘンテコな付属ソフトを排除するためにクリーンインストールするにしても、ドライバどうしようかって話になってくるわけです。

事前にドライバをバックアップしておければ、少ないデータ容量でわりと取り回しが楽だったりします。
使うのがこれ、詳しくはgigazine
http://gigazine.net/news/20090520_driver_magician_lite/

で、みんながこれを使って自分が使ってるノートパソコンのドライバをネット上に偏在させておけば、世界はもっと素晴らしい物になるとおもうんですよ。法的にはグレーっていうかブラックっていうか、そんな感じなのだけど、メーカーからの「仕打ち」はあまりに酷い、汚い。
そもそもドライバの権利って、ノートパソコンのメーカーにあるのだろうか?ドライバ署名はパーツメーカーだし。

「先ずは隗より始めよ」の精神で、シャープのPC-CS30Hのドライバをバックアップも兼ねて放置しておく。
http://www.box.net/shared/rr01hp4acx
オフィス付きだとPC-CS50Hだから同じものかな(検索ヒット用に書いてみました)。

ターゲットにしたいのは日本メーカー、SONY東芝、シャープあたり。特にソニーはわけの分からないドライバが多い。

この状況はみんなで何とかしたいものだ。