知らんうちに「ワイルドシングス エロティック・バージョン [Blu-ray] 」なんてのが出てた

もう10年以上、前になるのか。
当時、ケビン・ベーコン初監督作品ということで「どんな感じの映画になるのか?」と興味(それほどでもないが)を持って見たら、ストーリーもクソもない、とんでもない変態エロ映画で、「あー、そういう人なんだ」と妙に腑に落ちる部分もあったりして、その後「インビジブル」(バーホーベンとの趣味がガッチリ合った感じ)で決定的な印象を受けたのが懐かしくもあります。
で、そんな「ワイルドシングス」にエロティックバージョンなるものがあることを発見し、「これはとんでもないことになってるのであろう」と震撼したのであります。おまけにブルーレイだし。
まぁ、まだ見てませんが。