「随想」蓮實重彦

自分とまったく違う知的な世界に生きている人の文章を読むのが面白いかと言聞かれたら、それほど面白くないと答える。

随想

随想