Google code hosting のコマンドラインSVN認証のパスワードではまる

最近、Google code hosting を使いだしたのだが、svnのcommitが

認証領域: https://myproj.googlecode.com:443 Google Code Subversion Repository
'miz999' のパスワード:
認証領域: https://myproj.googlecode.com:443 Google Code Subversion Repository
ユーザ名: svn: コミットに失敗しました (詳しい理由は以下のとおりです):
svn: MKACTIVITY (URL: '/svn/!svn/act/571648d5-7a8d-46b6-91f2-44307d0108b3'): 認証が失敗しました (https://myproj.googlecode.com)
svn: コミットメッセージが一時ファイルに残っていました:

というエラーが出て認証がこける。passwordはgmail等の、いわゆるgoogle accountで使っているものを入れたのだが。

ドキュメントに目を通すもそれらしき箇所がない。
「鍵でも預けるのかしら?」と思って調べてたら、ようやくprofileのsettingに専用パスワードの謎の文字列を発見して、それ入れたらcommitが通った。
svnコマンドラインは専用のパスワードがいるのかな?これがFAQになってないって事は(探せばあるのかもしれないが)、コマンドラインで使ってる人は少ないのだろうか。tutorialもGUIツールのだし。

まぁ、googleドキュメンテーションに今更文句言うのもアレなのだが・・・。

[追記]
いちおうFAQにはあったが

What measures is Google Code taking to protect the privacy and security of people's information?

Privacy and security are extremely important to us.

Google Code uses your Google or Gmail account for authentication. For Subversion authentication, a secondary generated password is used. Logs of your activities are not released to any third parties.

わかりづらい。天才達のやることはよくわからん。

実用 Subversion 第2版

実用 Subversion 第2版