罪と音楽

今更だが読んだ。面白かった。単純に面白かった。

思い出したのが、小室逮捕の2年くらい前に近田春夫とやったラジオのこと。
D
D

そこでも音楽への思いとヒット曲への戦略をピュアさが溢れ出す感じで語っていた。このころにはもう、生活はボロボロだったんだよなぁ。

逮捕されなければ多分死んでいたかもしれない生活をしていて、逮捕された後に助けになってくれたのが、10代からの音楽仲間と、喧嘩別れした仕事仲間と、妻だった、ってのは幸せなことかもしれない。

まぁ、転落の原因となったのも前妻ってところが、小室らしいウッカリ感ではあるのだが。
[rakuten:book:13275557:detail]

罪と音楽

罪と音楽