はてなダイアリーのamazonと楽天のアフェリエイトについて比較するのだ

amazonの方が情報量が多い。購入者の数だの言及してるブログの数だの至れり尽くせり。
それでも私は楽天へのリンクを張り続けるよん。国内産業を育てるのさ。
ちなみに、ブログの執筆者には1円も入らず、収益はすべてはてなの運営費になるそうです。

参考までに比較例
amazonの場合

楽天市場公式 ネットショップの教科書

楽天市場公式 ネットショップの教科書

楽天の場合
[rakuten:book:12110405:detail]

はてなの中の人は、もうちょっと頑張れ。
まあ、これだけ売れてないとモチベーションも上がらないだろうけど、それでもがんばれ、超がんばれ。
でもこれ、amazonの方の言及グループと楽天の方の言及グループがディバイトしてるような気がするのが、気のせいだろうか?商品コードで区分けされグルーピングされてる気がする。
なーんか、統一した方がいいのかもよ>中の人
まあ、届かない声だろうけど。