30位までのデータベースの妥当性について考える

オリコンの上半期ランキング
http://contents.oricon.co.jp/music/special/090617_01_01.html
なんてものが公開されたので、手元のデータベースとシングル売り上げの総計を比べてみる。

sqlite> select sum(sales),title,artist from oricon where title="Believe/曇りのち、快晴 and year=2009";

こんな感じで

title artist 30位DB 上半期計 %
Believe/曇りのち、快晴 嵐,矢野健太 starring Satoshi Ohno 638670 645913 98%
明日の記憶/Crazy Moon〜キミ・ハ・ムテキ〜 574970 555875 103%
愛のままで… 秋元順子 405668 451629 89%
RESCUE KAT−TUN 370429 377097 98%
ひまわり 遊助 345311 350298 98%

意外と面倒なのでTOP5まで。3位の曲に関してはリリースが去年の1月でそれからじわじわ売れてる流れなので、89%も致し方なし。
103%になってるのは、いろいろあるんだろうな、という感じで目をつぶり、あとはまぁ98%なので、データベースには問題なし、と結論づけることにする。

今回の意外な発見
「ひまわり」という曲が、結構たくさんある。

ひまわり 前川清
ひまわり 山田晃士
ひまわり 福原美穂
ひまわり 遊助
ひまわり 長渕剛
ひまわり Kiroro
ひまわり/LOVEACCELE Sugar
ひまわり TUBE

日本人が好きなのは「さくら」だけじゃなかったのね。